【「人」と「事」を分ける】

コーチングをやっていて良かったなと思う
ことはたくさんありますが、中でも、同じ
コーチ仲間の皆さんとのコミュニケーショ
ンはとても心地よく、対人関係がストレス
になることが全くと言っていいほどありま
せん。これは、本当に幸せなことではない
かと思っています。

常に、肯定的であたたかいコミュニケーシ
ョンをとってもらえます。だからと言って、
表面的に人あたりの良いことをだけを言い
合っているわけでもありません。自分にと
って厳しいことも、言いにくいこともちゃ
んと言ってくれます。でも、肯定的であた
たかいのです。「そうだな!そこ大事だよ
な!」という気持ちになれるコミュニケー
ションなのです。

ポイントは、「人」と「事」を分けて対話
をしてくれるということです。例えば、こ
ちらが「やる」と言っていたことができて
いなかった時、コーチは、「なぜ、(あな
たは)やらなかったの?」とは言いません。
「今回できなかった理由は何だろう?」と
きいてきます。「人」を主語にするのでは
なく、「事」を主語にして対話をしてくれ
るのです。「人」を主語にされると、責め
られている印象を受けますが、「事」が主
語だと客観的に振り返ることができます。

うまくいっていないこと、なかなか進まな
いことがあっても、「いろいろチャレンジ
しているね」と「人」に対しては承認し、
「じゃあ、どうしていこうか?何か障害に
なっていることがあるのかな?何からだっ
たらできそうかな?」と事柄に焦点をあて
て対話をしていきます。責められている気
持ちは全く湧いてきません。

お互いの意見が違う時も、「それは違う!
あなたは間違っている」といったような
「人」を否定する言い方は一切しません。
「なるほど!あなたの意見はこうなんだね。
おもしろいね。私の意見とはこの点が正反
対なんだね。今の状況だとどちらの方法が
より効果的だろうか?一緒に考えてみよう
よ」といった関わり方をしてくれるので、
こちらも相手の意見を尊重しようという気
持ちになります。勝ち負けのコミュニケー
ションにならないのです。

時に、厳しいことを言われる場合もありま
す。「あなたはいつも誠実で優しい人だ。
そのあなたがとったこの行動は誠実だった
と言えるだろうか?」。人格と行動は別物
として伝えてくれるので、素直に自分を省
みることができます。このような「人」に
対する尊重の上に立ったコミュニケーショ
ンが当たり前に飛び交う社会を作れたら、
どんなにいいだろうと思います。

Comments are closed.