【今こそ緊急ではないが重要なことを】

新しい年度を迎える時期ですが、ほんの数

ヶ月前までは、世界が今、このような局面

に陥っているとは想像もしていなかったこ

とと思います。中には、すでに予測をされ

ていた方もいらしたかもしれませんが、多

くの人が、かつてない体験に戸惑い、見え

ない敵と見通しにくい将来に不安を感じな

がらの年度明けとなりました。

 

新型コロナウィルスの感染予防対策として、

卒業式や入社式などが異例の形で行われた

り、まったく中止になったりという春を迎

えられた方もあったかと思います。近代オ

リンピック史上初の開催延期という事態ま

で招きました。非常に残念で悔しいことで

はありますが、今、体験していることは、

おそらく、後世には、歴史の教科書にも載

るような出来事なのではないかと思います。

そう考えると、そうそう遭遇できるもので

はない、非常に貴重な局面に、私たちは立

ち会っていると思えてきます。

 

「これから先は、前例がない、マニュアル

など役に立たないことに立ち向かっていく

時代がやってきます」と言われて久しいよ

うに思いますが、ついに、そんな時代がや

ってきたのだと実感させられるこの頃です。

予定が立たず、先が見えないと、つい不安

になり、不平不満も出てきてしまいますが、

先日、打ち合わせにうかがった企業様では、

救われるようなお言葉を聴かせていただき

ました。

 

「今、まさに、コーチングを実践するのに

良い時期なんです。ふだんは忙しくて、な

かなか社員と対話をする時間がとれません

が、今は在宅勤務をしているので、お互い

に連絡をとり合って話すことができます」。

コーチングというのは、「緊急ではないが

重要なこと」の最たるものだと私は思って

います。緊急時には、相手に質問をして、

相手が考えて答えるのをゆっくり待つなど

ということはやっていられません。指示命

令をし、すぐに動いてもらう必要がありま

す。コーチングどころではありません。

 

ところが、状況を見ながら、すぐにはなか

なか動き出せない、自宅待機を余儀なくさ

せられるこのような時期こそ、コーチング

をはじめとした「緊急ではないが重要なこ

と」ができる時期ではないでしょうか。こ

のような非常事態は、永遠に続くわけでは

ありません。日頃、時間に追われながら、

「もう少し時間があったらこれをしたいな」

と思っていることを今こそやっておく絶好

の機会とも言えます。

 

とはいえ、お仕事柄、今まさに、緊急事態

と直面されている方もいらっしゃるかと思

います。最も重要な「健康管理」だけは後

回しにせず、この局面を乗り切られ、1日

も早い収束を心から願うばかりです。

Comments are closed.