【見た目だけではわからない】

新年度となって数ヶ月、この時期は特に、

新入社員や若手社員の皆さんと数多く接し

ますが、年々ますます強く感じるようにな

ったことがあります。「見た目だけではわ

からない」ということです。

 

先日も、2年目社員の研修を担当させてい

ただいたのですが、冒頭から、一人だけ、

とても気になる人がいました。無表情で、

意欲が感じられないのです。発言を求めて

も、声が小さく多くを語ろうとしません。

「大丈夫かな?少しモチベーションが低下

している時期なのだろうか?」とやや心配

になりました。

 

ところが、よくよく観察していると、研修

中にとられているメモは、こちらが伝えた

いポイントを的確にとらえたもので、自分

なりの考察まで記入されています。「非常

に聡明な人だな」と感じました。休憩時間

に、個人的に話してみると、モチベーショ

ンも低いわけではなく、高い志を持って仕

事と向き合っていることが伝わってきまし

た。「もしかしたら、今日のどの参加者よ

りも、意識も意欲も高いのではないか」と

さえ感じられました。

 

また、定期的に、新入社員研修にうかがっ

ている企業様でも、同じようなことがあり

ました。「今年は特におとなしい皆さんだ

な」と思うほど、研修中は発言しないので

す。受講態度は、とても素直で真剣ですが、

こちらから促さないと発言しません。言葉

数もそう多くはありません。ところが、研

修後に提出されるレポートは、非常に見事

で圧倒されます。「こんなことまで気づい

てくれたのか!」という内容が、しっかり

とした文章でびっしりと綴られていて、外

面の印象を覆されます。

 

折しも、先日お会いした教育大学の教授が、

こうおっしゃっていました。

「この前、オランダの教育大学の先生と学

生が日本に視察に来られたのですが、うち

の学生を見て、絶賛して帰られました。私

から見ると、『まだまだ覇気がないな』と

思うような学生たちなのですが、オランダ

の先生たちには、私たちには見えないもの

が見えるようです」

 

もちろん、見た目や第一印象は非常に重要

です。意識的に好印象を与えるように振る

舞うことはプロとして、とても大切なこと

です。そのことは、私も研修で折々に伝え

ていますが、もしかしたら、こちらが見た

目の印象に囚われ過ぎて、相手の強みや潜

在能力を見逃していることはないだろうか

と考えさせられました。だとしたら、非常

にもったいないことです。

 

「内面のあり方が外面に現れる」こともま

ちがいではないと思いますが、昨今、内面

が外面に現れにくい人が増えているとも感

じます。こちらが作り上げている理想の外

面を一度脇に置いて、「見た目だけではわ

からない。話してみなければわからない」

と思って接する必要性を実感するこの頃で

す。

 

Comments are closed.