【主体的に考え行動する効果】

先月、初めて韓国へ行ってきました。普段

とは違う環境に身を置いて、自分の価値観

の枠組みを探る「自己探求ツアー」のコー

チ役をさせていただきました。ツアー中は

もちろん、その前後で、参加者の皆さんの

体験を通しての気づきを引き出していくの

が私の役割なのですが、私自身も、あらた

めて、貴重な気づきが得られた旅となりま

した。

 

初日は、韓国語も堪能な韓国通の方に、主

要な観光地、繁華街をご案内いただき、翌

日は各自が行きたい所を自分で選び、自力

で行き、各自の目的を果たして帰ってくる

という課題に取り組みました。私も、南大

門市場、ソウルタワーを見学した後、地下

鉄を乗り継いで、一度行ってみたかったお

店に行って帰ってくるという行程に挑みま

した。

 

朝、ホテルを出発したところからいきなり、

戸惑いました。前日に一通り散策したはず

のホテル近辺でさえ、どちらに向かったら

よいのかわからないのです。そもそも、昨

日まで乗り降りしていたはずの地下鉄の駅

名すら覚えていないことに気がつきました。

これには、我ながら驚愕でした。

 

ガイドブックとスマートフォンを駆使しな

がら、日本語も英語も通じないけれど、親

切な韓国人の方に助けていただきながら、

なんとかすべての目的を果たし、無事、ホ

テルに戻ってくるとができました。案内し

てくれる人の後について歩いている時は、

それなりに道を把握しているつもりでした

が、一人で放り出されると、おもしろいほ

ど何も覚えていないものです。「主体的で

ない」とは恐ろしいことです。

 

そして、不慣れな環境で、自分で考えなが

ら目的を達成していくことは、とても煩雑

で、無駄な時間も多く、心細くもありまし

たが、達成した後の達成感と自己肯定感は、

比べ物にならないほど大きいことも実感し

ました。「自分で考えて自分でできた!」

という体験は大きな資源となるのです。

 

このようなことは、日常でも多々あるので

ないでしょうか。誰かの指示に従って、教

えられた通りやることで、確かに、効率よ

くうまくできることはあります。ところが、

本当に自分のものになっているでしょうか。

達成感ややりがいはどうでしょうか。最初

は、確かに、多少時間がかかるかもしれま

せんが、一通りのガイダンスを受けたら、

後は、どんどん自分で考えて、自分でやっ

てみることは、非常に大切なのではないか

と感じたしだいです。

 

もちろん、日頃、コーチングを実践する中

で、そんなことは「もうわかっている」と

思っていたことですが、自分自身が身をも

って体験した時に、その効果の大きさを全

身で実感することができました。何事も自

分でやってみる体験は本当に偉大です。

 

 

 

 

Comments are closed.