【職場にコーチングが必須な理由】

おかげさまで、ここ数年、多くの日本人ア

スリートの活躍などもあり、コーチングへ

の関心がさらに高まってきていることを感

じます。しかし、同時に、「実際、コーチ

ングをとりいれるとどんな良いことがある

のでしょうか?」という率直なご質問もい

ただきます。今回は、あらためて、職場に

コーチングが必須な理由をまとめてみまし

た。

 

 

①職場の良好な対人関係を築くため:

職場の課題の9割は、コミュニケーション

で解決できると言われるくらい、職場にお

けるコミュニケーション、良好な対人関係

は重要なテーマです。相手の自発性を引き

出すだけでなく、相手を尊重するコミュニ

ケーションであるコーチングによる対話が、

相互の信頼関係を生み、対人関係のストレ

スを軽減し、仕事の効率化にも良い影響を

及ぼします。

 

 

②自発的なメンバーを育成するため:

指示を与え続けなければ動かない、言った

ことしかやらない、何度も同じことを聞い

てくる、やらされ感で仕事をし他責にする、

といった人材ばかりだと、成果はなかなか

上がりません。自ら考え、自ら動き、自ら

の役割と責任を自覚し全うする人材を育成

することは、組織にとって、その盛衰を左

右します。

 

 

③お客様のニーズ喚起と課題解決のため:

こちらが一方的に売り込む、あるいは、単

なる御用聞きという営業スタイルはもう通

用しなくなりました。いかに、お客様自身

が自らのニーズに気づき、能動的にこちら

の商品やサービスについて、関心を寄せて

いただけるかが必要です。共に課題を解決

する姿勢が、満足と信頼につながります。

ニーズを引き出す対話、建設的に課題解決

につながる対話のスキルがあれば、非常に

効果的です。

 

 

④心身共にベストな状態で仕事をするため:

いろいろと述べてきましたが、私は、この

項目が一番重要ではないかと思っています。

コーチングをマスターすることで、自分自

身の思考がより建設的になります。物事に

対する捉え方が肯定的になり、ストレスや

自信のなさに悩まされなくなります。不毛

な反省や他者への批判、他者と比べて落ち

込むなどにエネルギーを使わなくなります。

それが、心の安定につながり、モチベーシ

ョンアップにもつながります。心が安定す

ることで、身体の免疫力も上がります。常

に、心身共に良い状態で、ベストな判断、

行動ができます。

 

 

これらの理由から、リーダーと言われる人

はもちろん、職場で働くすべての人にとっ

て、コーチングは必須ではないかと思って

います。今年度もまた、「真に効果が出る

コーチング」を広くお伝えしていきたいと

思っています。

 

 

Comments are closed.