【話題にし続ける効果】

あけましておめでとうございます。また、

新たな年を迎えました。今年もどうぞよろ

しくお願いいたします。

 

 

私事ですが、昨年は、数年ぶりに新刊を出

版し、ここしばらくやりたかったことをよ

うやく完了させた一年となりました。出版

というのは、私にとって「緊急ではないけ

れど重要なこと」の最たるものです。いつ

も、「やりたい」と思いながら、目先の締

切が迫っている仕事のほうに追われ、つい

つい後回しになってしまうことの一つでし

た。

 

 

今回、出版した本も、「いつか1冊にまと

められたら」とずっと構想を持っていなが

ら、なかなか形にできないでいたテーマだ

ったのですが、なんとか世に出すことがで

きました。

 

 

これも考えてみると、コーチングの効果だ

と感じます。折々に、コーチと「新しい本

を出したい」という話をしてきました。日

々の仕事に追われて、まったく進まない時

も、「本のほうはどう?」ときかれると、

また思い出し、話題にします。これを繰り

返していると、ついには形になっていくも

のです。

 

 

私のクライアントさんとのコーチングでも

同様です。「緊急ではないけれど重要なこ

と」は、本当に進みません。「この人、や

ると言いながら、いったいいつになったら

やるんだろう?本当にやる気があるんだろ

うか?」と飽きれてしまうほどです。まっ

たく人のことは言えない立場なのですが、

もどかしく思うこともしばしばです。

 

 

ところが、話題にし続けると、必ず「達成」

する日が訪れます。「緊急ではないこと」

は、よほど、エネルギーがないと前に進め

られません。しかし、ずっと話題にし続け

ることで、自分の意識の中に、どんどん落

とし込まれていきます。「またいつか」と

頭の中だけで思っていることは、結局、形

にはなりません。折に触れて、誰かと話題

にし続ける効果を、コーチングをしている

と実感します。

 

 

ですから、私は「今はまだ到底できないな」

と思うことでも、コーチングの場では、思

いきって口に出してみることにしています。

言い続けることで、「そんなことができて

もいいかも」という気持ちになったり、

「こうしたらできるかも」とアイディアが

湧いたりすることがあります。このように

して実現してきたことばかりのような気が

します。

 

 

具体的な実現方法が浮かばなくても、まず、

実現したいことについて、ずっと話題にし

続ける。それが実現への一歩であるとすら

感じます。今年も、いろいろと口に出しな

がら、形にしていきたいと思います。

皆様にとって、今年も成果多い一年となり

ますようお祈り申し上げます。

 

Comments are closed.