ニュースレター第404号 日本経済:平成29年度予算・低金利の恩恵

nyu231nyu232

(資料)財務省「平成29年度一般関係予算」より作成。

平成29年度予算は、97兆円強となり当初ベースでは過去最高となった。社会保障関係費が制度見直しで抑制しつつも5000億円弱の増加となったほか、安倍政権の特色として防衛費が増加している。一方で、国債の利払費は減少している。当初予算の想定金利水準は、1.1%と実勢利回り(ぼぼゼロ%)より依然高く、さらなる利払費のさらなる減少が可能なことから補正財源となることが見込まれる。想定為替レートは、111.5円で足元の115円前後の実勢レートより円高であるものの、トランプ政権の政策展開によって大きく振れる可能性もある。

 

Comments are closed.