ニュースレター第400号 米国経済:消費堅調、FRB利上げ後押し

nyunyu2

 

(資料)米国商務省資料等による。

米国の消費動向は、堅調な動きを続けており、12月のFRBによる利上げに向けて後押しする内容となっている。10月は、大統領選挙討論会の開催や悪天候等消費活動に対してはマイナスとなる要因があったものの、所得環境の改善、消費者マインドの底堅さ、そして借入れが容易な環境にあるなど金融環境のプラス要因がはたらき、前年比で4.3%増加、前期比でも0.8%増となった。とくに、自動車関連の消費が押し上げ要因となっている。自動車やガソリン等を除いたコア小売売上高も前期比0.6%増となり、消費者マインドは強い状況にある。

Comments are closed.