ニュースレター第342号 日本経済:消費活動、生産・出荷活動共に弱い

商業①

image002

(資料)経済産業省「商業動態調査」、「鉱工業生産活動指数」より作成。

日本経済の消費活動は、依然とし実質的にて弱い状態が続いている。2015年4月は昨年4月の消費税率引き上げによる落ち込みの反動で前年比ベースではプラスとなっているものの、5月は商業活動全体でマイナスとなり、小売も減速している。こうした消費活動の実態を受けて、生産・出荷活動も昨年来の低調な動きから脱していない。生産・出荷共にぼぼ前年比マイナスの動きを続けており、在庫状況は積み上がる傾向が強い。株高等による一部の資産効果消費はあるものの、全体として低調な状況が6月も続く可能性がある。

Comments are closed.